銘々と実損

書かなくていい、そんなこと。

りゅうちぇるは紅白で吉田沙保里に「呪いの言葉」を言ったのか?

 

2016年のNHK紅白歌合戦。歌手・西野カナさんの歌唱前に、かねてより西野さんのファンを公言している*1リオ五輪レスリング女子代表の吉田沙保里さんが、昨年末に結婚を発表したぺこ&りゅうちぇると共に壇上に上がったシーンがあった。
西野さんが紅白歌合戦で歌う『Dear Bride』が結婚ソングであることにちなみ、司会の相葉雅紀さんがりゅうちぇるに「吉田さんはどうしたら結婚できますかね?」と問いかけた。りゅうちぇるは「自分磨きをしているし、女の子らしいからすぐに結婚できると思う。そのままでいいよ」と答えた。
この場面が「ジェンダー差別ではないか」と批判する記事が上がっている。

bylines.news.yahoo.co.jp

 

この件、果たして本当に「呪いの言葉」だったのだろうか。私は誤解であるように思った。しかし、誤解されてしまっても仕方ない面もある。あのシーンには「台本の失敗」があった。あまりにも不要かつ「前提条件」を無視した演出であったように思う。

 

紅白歌合戦に用意される分厚い台本


NHK紅白歌合戦のやり取りは全て、「電話帳ほどの厚さがある」ともいわれる台本があって、ほぼ一字一句セリフが決められている*2。そのため、今回のやり取りも、ほとんどが台本通りのやり取りであると推測できる。まずはその点を踏まえて考えてほしい。相葉さんやりゅうちぇるの発言はほとんど「台本通り」なのだ。

 

吉田沙保里が持つ結婚願望

この記事で“結婚はその人の個人的な問題で、するもしないも自由”であると述べられており、この部分は全くもって異論がない。ただし、吉田沙保里さんはかねてより、結婚願望があることを取材やテレビなどで明かしている*3。結婚したくない人に対し、「結婚するにはどうすれば?」や「結婚しないの?どうして?」のような問い掛けをするのは明らかにお粗末であるものの、吉田さんが「結婚したい」と意志を示すのであれば、「結婚するにはどうすればよいか」を考えるのはそこまで否定されることではないように思える。

 

前提条件を蔑ろにしたやり取り


とはいえ、吉田沙保里さんが結婚願望を持っている」ということは果たして視聴者にとっての「周知の事実」だっただろうか。紅白歌合戦の視聴率は約40%。普段はバラエティ番組をあまり見ない視聴者も多く、アスリートである吉田沙保里さんしか知らない方も数多く存在するはずだ。件のやり取りの違和感はここにあると思う。もし、「私、結婚したいんですよ」と吉田さんが番組中で改めて意思表示をしていたならば、もしくは、吉田さん自身が「私はどうすれば結婚できると思う?」とりゅうちぇるに尋ねていたならば、「吉田沙保里さんが結婚願望を持っている」という「前提条件」が十分に共有され、問題のあるシーンにはならなかっただろう。これは明らかに台本のミスである。そういう「前提条件」をすっ飛ばして、吉田さんの結婚については部外者同然の相葉さんが「吉田さんはどうしたら結婚できますかね?」と問いかけた。ここに大きな問題があると思う。あたかも相葉さんを無配慮なセクハラ男のように見せてしまったのである。

 

りゅうちぇるに対する批判の声

 

そして、りゅうちぇるの返答に対しても批判が起こっている。「吉田さんはどうしたら結婚できますかね?」と問われたりゅうちぇるは、

自分磨きをしているし、女の子らしいからすぐに結婚できると思う。そのままでいいよ

と答えたのである。

先ほどの記事では“はぁ???????豆腐の角を持ってくるから、頭にぶつけていいかな”と表現するほどに批判されている。あまりにも強く乱暴な言葉だ。
さて、どうして筆者は怒ったのか。りゅうちぇるが「女の子らしさを押し付けている」と思ったから、のようだ。

 

りゅうちぇるは本当に「女の子らしさを押し付けた」のか


しかし、ここでも考えなくてはならない。これも台本通りのやりとりであるということ。そして、発言者はりゅうちぇるだったということを。

2016年で最もブレイクしたタレントの1人でもあるりゅうちぇるは、「ジェンダーレス男子」として、バリバリに化粧をし、ピンクの服を着て、いわゆる「男の子らしさ」から離れた生き方を選んでいる人間だ。テレビに出演したことで「男の子らしさ」を押し付けられたり批判の声に晒されることもあっただろう。
りゅうちぇるは自分の「性」に惑わされず、「自分らしく生きる」ことを体現している存在のように思える。髭が濃い、というコンプレックスにも向き合い、テレビでそのことをイジられても絶対に笑いに変えてみせる。そんな彼は、ひとりの人間としてぺこという女性を愛し、プロポーズした。

りゅうちぇるは以前、「自分の在り方を否定される」というドッキリを受けたことがある。

mdpr.jp

仕掛け人のモデル・宮城舞に「男らしくない」と批判されたりゅうちぇるは、

ずっとそう言われて育ってきたので、(批判されるのは)人生で初めてのことじゃない。家族ができて子供が出来ても、偽りの自分に慣れたら人に何も教えられない

と語った。「性」に惑わされることなく、「自分らしさ」を貫き、天然キャラながらも自分の言いたいことを率直に伝えるりゅうちぇるの生き方は、多くの若者に支持され、芸能界でもある程度の地位を確立しつつある。

そんな彼が、本当に「女の子らしさ」を女性に対して押し付けるだけの発言をするだろうか。

 

りゅうちぇるの発言の真意は、吉田沙保里の自分らしさを認めること

 

吉田沙保里さんは、「霊長類最強女子」というキャッチフレーズをいつの間にかつけられるほど、世界大会での連覇記録を持つ強いアスリートである反面、テレビでは「結婚したい」「女性らしくありたい」という発言をここ数年続けてきた。発言だけでなく、厳しい練習の合間にも自分磨きを重ねている。
りゅうちぇるはあの発言で単に自分の理想を押し付けたのではない。「結婚したい」「女性らしくありたい」という吉田さんの在り方や努力を認めたのだ。だからこそ、「すぐに結婚できると思う」「そのままでいいよ」と言ったのだ。

 

誤解を生んだ台本の失敗


しかし、あの短いやり取りでは、そしてあのような台本では、うまく伝わらず曲解されてしまう。なぜなら、吉田沙保里が「結婚願望を持っている」という前提条件を丁寧に扱わず、本人不在(本人にはセリフがなかった)のまま、あのやり取りが進んだからである。そして、りゅうちぇるという人間がどのように芸能界を生き抜いてきたかも、まだまだ浸透していないからである。

吉田沙保里が「結婚願望を持っている」としても、吉田さんが喋らないまま勝手にやり取りが進むのは、やはり良くない。本人がそう思っているのと、他人から言われるのとでは意味合いは変わってくる。
これにより、件の記事を書いた方を含む視聴者からは、吉田沙保里さん本人が置き去りにされたまま、勝手に結婚の話をされ、勝手に女性らしさを押し付けられた、ように見えてしまうのも無理はない。

 

テレビ番組を文字起こしするだけのニュースが拡散されていく弊害

 

最近、テレビで放映されたことを文字起こししただけのニュースが非常に多く配信されている。これにより、テレビを見ていなくても、テレビに映ったことをなんとなく知る、という機会も増えた。
今回のやり取りもネットニュースになっているので、一度読んでみてほしい。

【紅白】ぺこ&りゅうちぇる「結婚」生報告 独身・吉田沙保里にはアドバイス - エキサイトニュース

紅白歌合戦:ぺこ&りゅうちぇるが結婚報告 西野カナと共演 吉田沙保里にアドバイス - 毎日新聞
このようなネットニュースは乱暴だ。誰がどのような表情で発言し、場はどんな雰囲気だったかということは、すべて記者の主観でしかないのにも関わらず、あたかもそれが「事実」であったかのように拡散される。
2つのニュースを見比べればわかる通り、りゅうちぇるが吉田さんに対し「そのままでいいよ」と言った部分は東スポニュースではカットされてしまっている。さらに、りゅうちぇるが「上から目線」でアドバイスを送った、とも書かれてしまっている。テレビを見ていない人にとってはニュースに書いてあることが事実になり得るのだ。
そうしてまた、例の記事により、「りゅうちぇるが自分の意思によって女性らしさを押し付けた」という見解が拡散されていく。極端に言えばりゅうちぇるは、「年上の偉大なアスリートに対し上から目線で女性らしさを押し付ける」という最低な行為紅白歌合戦という国民の半分近くが見ている中で行った、ということになる。事実はどうあれ、そう受け取る人もいる。

 

まとめ


相葉さんもりゅうちぇるも、台本の中で発言したのであり、その中でもりゅうちぇるが言った「そのままでいいよ」こそが伝えたかった言葉であるということは、強調して主張しておきたい。
そして、誤解を招くあの演出および台本は良くなかったということも繰り返し主張したい。
紅白歌合戦には分厚い台本があること。吉田沙保里さんが持つ結婚願望。そしてりゅうちぇるの生き方。これらを紅白の場でどこまで説明すべきか、などはもともと問題ではない。吉田さんがりゅうちぇるに「結婚おめでとう。私はどうしたら結婚できると思う?」と聞き、「そのままでいいと思いますよ」とりゅうちぇるが答えるくらいで良かったのだし、もっと言えばりゅうちぇるとぺこの結婚を祝福するトークだけで、あの場は十分だった。
りゅうちぇるがぺことの結婚をサプライズ発表したのは12月31日当日のことであり、28日付での結婚であったという。このことから、今回のやり取りは直前で急遽追加されたのではないかと推測できる。
紅白歌合戦はタイムスケジュールが厳密に決められており、前提条件を説明しきるための時間は無い。だから、なおさら丁寧に、視聴者を置き去りにしない演出やトークが必要だ。結婚に絡めて何か面白いトークを、と拙速に欲張りすぎた演出担当には反省してもらいたい。紅白歌合戦の歌唱前の軽いトークに、僕らは特に何も求めてはいない。

 

とはいえ、このようなことでもすぐに問題だと大きく批判されるのは、若干面倒だし、それこそ何かに呪われている気がする。

 

 

*1:吉田沙保里さんと西野カナさんは同じ三重県出身であり、NHK「SONGS」などでも共演している

*2:おととしの2015年はNHK公式インスタグラムによると全672ページ

www.instagram.com

*3:吉田沙保里 結婚願望」で検索すれば、非常に多くのニュースが見つかる。たとえば

「幸せになりたい」吉田沙保里 ママ同伴で“婚活”Vなるか? (1/2) 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版

広告を非表示にする