読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銘々と実損

書かなくていい、そんなこと。

すごいぞ!モルグモルマルモ

音楽 紹介記事

f:id:arsm12sh:20160221222825p:plain

図:モルグモルマルモのメンバー。真面目にふざけている。

 

モルグモルマルモ。一回声に出してみましょうか。モルグモルマルモ! 想定していたよりも言いにくいことに驚いたのではないでしょうか。それにしても随分と正しく覚えにくいバンド名を付けたものだなあと思いますが、終わりが「マルモ」であると意識すると、わりと間違いないで済みます。モルグモルマルモ。覚えましょう。

このバンドはひとことで言うとホイチョイチョイ」なバンドでございます。あ、わからない?じゃあ曲を聴いてみるしかないじゃない。というわけで2012年にリリースされた『タクラマカン砂漠』をどうぞ。

どうですか。耳に残りやすいイントロが奇妙な踊りのせいで不快なくらいに視覚的にも残りますね。もう気持ち悪いですね。はい気持ち悪いです。サビの踊りが意外と複雑。ドラム(愛称はビリーです)はハエたたきやら木やらバナナやらでドラミング。圧倒的にやる気が無い。ふざけ倒している。

f:id:arsm12sh:20160221223602p:plain

図:バナナを食べるビリーさん

ざっくり説明すると「私は砂漠で女の子に水をあげます」っていう歌です。変態的な曲ですね。これがリリースされた時は「初期フジファブリックの正統派フォロワー」みたいな位置付けもされていました。確かにわかる。『strawberry shortcakes』とか『マリアとアマゾネス』みたいな味があるバンドだなあと思いまして、当時の僕はタワレコに行って1stアルバム「おなかのなかみ」を購入したのです。

これが名盤。本当に凄い。『ベリグー』の志村正彦リスペクトな歌詞にニヤリとさせられ、『無敵の二人』のポップさの中の切なさに泣かされ、『えらいこっちゃ騒動』の勢いで一緒に坂道を転がり落ちてみたりしました。

 

で、翌年にリリースされた「もうひとつの地球」もこれまた超名盤。リード曲の『ビートルジュース』のMVを是非どうぞ。

あー、ふざけている。前作のラストで飛ばされた宇宙船に乗るドラムのビリーとボーカルの藤谷さん。そしてまた踊り出すメンバー。やる気なさすぎるバンド演奏のカット。ドラムのビリーさんは今回、座っているだけで全くドラムを叩かない。ボーカルの藤谷さんは謎のポーズが炸裂。はやりますね

f:id:arsm12sh:20160221223803p:plain

図:藤谷氏の謎のポーズ。はやらなかった

その他にもアルバムには『ハバナイスデー』というライブの終わりで歌われたら泣いてしまうような名曲があったり、『かなりサンデイ』でもはや酩酊、『青春期少女』で最初あんなに切なかったのにどうしてそうなるお前らは、ってな気分にさせられてやっぱり名盤。

 

そして。それなりに長い間隔が空きましたが、2016年2月に3rdアルバム「on Earth」が完成しましたので、リードトラック『KANPAI』をどうぞ。

だいたいの説明はスターウォーズっぽく冒頭に流れまくったテキストを再生と一時停止を繰り返しながら見ると、ぼんやりとわかる。ぼんやりと。

どうですかこのサビ。何度も繰り返される「cincin」という単語はイタリア語で乾杯という意味でして、それ以外に深い意味はありません。断じて。それにしてもMVでよく踊るバンドだなあ。

このMVの見どころは多すぎて追いきれないので、以下は箇条書きとします。

・過去2作でまともにドラムを叩いていないビリーは今回も警備員に邪魔されていて椅子に座ることもままならない

・ボーカル藤谷の演技が本気で白々しい。「記憶をなくしている!

・ナードマグネットのボーカル、須田さんが水色のダサいTシャツを着てパーティーに参加している

ボローニャヴェローナフェラーラ!からのオチ担当「ナポリ

・ビリーに斬られる敵のボスがビリーの実父

・「乾杯」からのパクリ…じゃなかったオマージュが大サビに

・それを台無しにする「cincin」からのワオ!

・謎の美女からプテラノドンの卵を貰うけれど、そういえば前作で…

・こんなMVですが、クラウドファンディングで作られました。 

f:id:arsm12sh:20160221222815p:plain

図:「記憶をなくしている!」と棒読みする藤谷氏

 

売れそうで売れない京都のホイチョイチョイバンドですが、アルバム曲は相変わらず名曲揃いなのでみなさん是非聴いてみてください。アルバム欲しい場合は僕が貸します。ってかメンバーチェンジが多すぎるぞ!3つのMVちょいちょいメンバー違うじゃないか!そこもフジファブリックリスペクトかよ!

広告を非表示にする